close
Share with your friends

増値税改革後の文化事業建設費に関連する政策の更なる明確化

増値税改革後の文化事業建設費に関連する政策の更なる明確化

チャイナアラート(中国速報)- 第28回, 2012年12月    68号文及び96号文は、営業税及び増値税改革の背景を鑑みた措置であり、増値税改革後に存在する文化事業建設費納付額の算定基礎に関する論点を明確にしている。また、納付管理の効率化を図るため、増値税の徴収時に文化事業建設費も合わせて徴収されることから、68号文にて文化事業建設費の徴収業務を、地方税務局ではなく国家税務局が行うべきとする旨も明確にしている。その他、国家税務総局公布の51号公告にて、文化事業建設費に関する申告手続についても明確にしている。

1000

Related content

増値税改革後の文化事業建設費に関連する政策の更なる明確化

© 2020 KPMG Huazhen LLP, a People's Republic of China partnership, KPMG Advisory (China) Limited, a limited liability company in China, KPMG, a Macau partnership and KPMG, a Hong Kong partnership, are member firms of the KPMG global organisation of independent member firms affiliated with KPMG International Limited  ("KPMG International"), a private English company limited by guarantee. All rights reserved. The KPMG name and logo are registered trademarks or trademarks of KPMG International.

 

For more detail about the structure of the KPMG global organisation please visit https://home.kpmg/governance.

Connect with us