中国税関のペーパーレス税関申告のための試行改革

中国税関のペーパーレス税関申告のための試行改革

チャイナアラート(中国速報)- 第26回, 2012年12月     税関の一般管理通達[2012] 38号(以降「通達38号」という)が2012年7月31日に公表されました。当該通達では、分類通関改革の包括的な推進政策において、中国全土でペーパーレス税関申告を実施するための試行改革の実施に関する決定がなされ、更なる貿易の便利化が促進されることになります。ペーパーレス税関申告改革は、通関業務改革の大きな一歩であり、申告書類のデジタル化及び分類関税システムの電子化をより促進し、最終的には、通関プロセスの全過程におけるペーパーレス化につながる改革となります。   ペーパーレス税関申告は、企業の通関手続きにおける紙による書類提出や税関署名の入手の手間を簡素化し、人手や時間の削減に役立ちます。企業は関連規定及び自社の申請資格の有無等を検討する必要があり、また、ペーパーレス申告の申請に際しては、その申請するメリットとデメリットを総合的に分析する必要があります。

1000

Related content

中国税関のペーパーレス税関申告のための試行改革

© 2022 KPMG Huazhen LLP, a People's Republic of China partnership, KPMG Advisory (China) Limited, a limited liability company in Mainland China, KPMG, a Macau (SAR) partnership, and KPMG, a Hong Kong (SAR) partnership, are member firms of the KPMG global organisation of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.

The KPMG name and logo are trademarks used under license by the independent member firms of the KPMG global organisation.

For more detail about the structure of the KPMG global organisation please visit https://home.kpmg/governance.

京ICP备12028186号-1
京公网安备11010102003233号

Connect with us