close
Share with your friends

税務機関、積極的に非居住者企業の持分譲渡所得に関する租税回避防止業務を展開

税務機関、積極的に非居住者企業の持分譲渡所得に関する租税回避防止業務を展開

チャイナアラート(中国速報): 移転価格税務フォーカス - 第2回, 2012年3月

1000

Related content

チャイナアラート(中国速報): 移転価格税務フォーカス

非居住者企業の持分譲渡取引に関する租税回避防止業務は税務機関が近頃取り組む重点業務の一つとなっている。その内、非居住者企業による中国居住者企業持分の間接譲渡取引に「実質主義」を適用すべきか否か、および関連者間の譲渡価格が独立企業間原則に一致するか否かは税務機関が注目する二つのポイントである。

© 2020 KPMG Huazhen LLP, a People's Republic of China partnership, KPMG Advisory (China) Limited, a limited liability company in China, KPMG, a Macau partnership and KPMG, a Hong Kong partnership, are member firms of the KPMG global organisation of independent member firms affiliated with KPMG International Limited  ("KPMG International"), a private English company limited by guarantee. All rights reserved. The KPMG name and logo are registered trademarks or trademarks of KPMG International.

 

For more detail about the structure of the KPMG global organisation please visit https://home.kpmg/governance.

Connect with us