中国税務当局、アドバンス・ルーリング制度の導入を検討

中国税務当局、アドバンス・ルーリング制度の導入を検討

チャイナアラート(中国速報)- 第4回, 2012年3月   近年、中国税務当局の納税者サービス業務の重心が変わりつつある。すなわち、従来の、サービス態度の改善、納税環境の整備、および納税コストの低減等、実務偏重のサービスから、納税者のコンプライアンス遵守意識の向上、納税者の税務リスク管理への支援、および納税者ごとにカスタマイズされたサービスの提供等へと深化している。納税者サービス向上の一環として、多くの国がアドバンス・ルーリング制度を取り入れている。中国においては、税務上の不確実性が多く存在しているため、その必要性はより高まっている。

1000

Related content

中国税務当局、アドバンス・ルーリング制度の導入を検討

© 2022 KPMG Huazhen LLP, a People's Republic of China partnership, KPMG Advisory (China) Limited, a limited liability company in Mainland China, KPMG, a Macau (SAR) partnership, and KPMG, a Hong Kong (SAR) partnership, are member firms of the KPMG global organisation of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.

The KPMG name and logo are trademarks used under license by the independent member firms of the KPMG global organisation.

For more detail about the structure of the KPMG global organisation please visit https://home.kpmg/governance.

京ICP备12028186号-1
京公网安备11010102003233号

Connect with us