close
Share with your friends

中国税務機関のロイヤリティに対する調査強化

中国税務機関のロイヤリティに対する調査強化

チャイナアラート(中国速報): 移転価格税務フォーカス - 第1回, 2011年12月  

1000

Related content

チャイナアラート(中国速報): 移転価格税務フォーカス

中国の税務機関は、「大企業の税務コンプライアンスを促進」という文書をウェブサイト上で公表し、大企業と国際租税徴収管理の実務上の租税リスクについて総括した。その中で、特に注意すべきは、ロイヤリティを利益移転の手段として用いてはならないことだとした。 当該文書によると、国内企業が生産経営の中で、国外企業の技術やブランドを利用し、対価として国外企業にロイヤリティを支払うことは一般に行われている。しかし実際には、二重払い、未使用支払い、技術的秘密期限を過ぎたロイヤリティ支払いなど、合理性にかけるロイヤリティの支払いが利益移転の手段となっている場合があり、税務機関が納税調整することになる。具体的には、以下のような事例がある。

© 2020 KPMG Huazhen LLP, a People's Republic of China partnership, KPMG Advisory (China) Limited, a limited liability company in China, KPMG, a Macau partnership and KPMG, a Hong Kong partnership, are member firms of the KPMG global organisation of independent member firms affiliated with KPMG International Limited  ("KPMG International"), a private English company limited by guarantee. All rights reserved. The KPMG name and logo are registered trademarks or trademarks of KPMG International.

 

For more detail about the structure of the KPMG global organisation please visit https://home.kpmg/governance.

Connect with us